ウィスキーを飲みながら、世界中のウィスキーファンと英語で交流しよう

ウィスキーを飲みながら、世界中のウィスキーファンと英語で交流しよう

★ご予約の際はカレンダーを見て、既に予約が入っている日をお選びください。予約が入っている日は外国人ゲストが参加する日です。

体験に参加される外国人の方は、アメリカ人、カナダ人、オーストラリア人などが多いです。それぞれ各自で日本のウィスキーを用意されて、この体験にそれぞれのご自宅から参加されます。

とにもかくにもまずは乾杯をします。
その後、はじめにみんなで自己紹介を行います。どこに住んでいるか、体験に参加した理由などを話していただき、用意したウィスキーを紹介しあいます。皆様のことは私の方でも簡単に紹介をします。

メインは、日本ウィスキーの紹介となります。ゲストの興味に応じて、代表的な日本ウィスキーの紹介、ちょっとしたうんちくや、日本ウィスキーの歴史や、日本におけるウィスキー文化の根付き方などを話します。
飽きないようタイミングを見て、ハイボールの作り方実践や、お互いのお気に入りのつまみの紹介などもはさみます。

大体40分くらい経った頃に「個室飲み会」を行います。Zoomのブレークアウトルームを使い、各部屋が2~3人になるように10分×2回のセッションを設けます。自然とお酒の話となることが多いですが、特にトピックは決まっていません。Zoomでは4人を超えると、一つの話題しか共有できないこともあり、個人的な話はあまりしにくい傾向があります。2~3人の部屋であれば、お互いに向き合ってじっくりと話すことができます。向こうも待ってくれるので、多少言葉が拙くてもしっかりとコミュニケーションをとることができます。希望があれば私が入ったり、その他の手段で言語的なサポートは可能です。
この「個室飲み会」編は、ウィスキーを介した純粋な国際的なオンライン飲み会です。

次に、メインルームに全員揃って、再び日本ウィスキーのおすすめの紹介をします。また、画面共有を使い蒸溜所の案内を行います。
最後は全員で記念写真を撮って、質問タイムののち、お別れです。

詳細と空き状況の確認はこちら